オスプレイ 横田基地に飛来! 配備の「地ならし」か?!

2014年7月20日 22時19分 | カテゴリー: トピックス, 平和・基地

 

 

オスプレイ横田基地より離陸
オスプレイ横田基地より離陸2転換中?
オスプレイ横田基地より離陸3 
飛行モードで飛び去る 北海道へ向かう 
21日にはまた来るらしい
初めてオスプレイが横田基地に飛来しました。
 9時過ぎに2機が、瑞穂町方面から飛んできて、横田基地に着陸しました。北海道で開かれる航空イベントに展示するため、給油に横田基地に寄るというのが理由です。しかし、ここへ来る前に、山口県岩国基地にも寄っています。給油は口実で、とにかく、配備の「地ならし」ではと思われます。
基地のフェンス前に集まった報道陣や市民
 
 実物を確認しに行きました
 到着時間がわからず、10時過ぎに行ったときには、すでに到着していました。
報道陣や市民が集まるフェンスの向こうに、機体が小さく見えていました。
12時近くになって、高性能望遠カメラを持った人たちが、乗り込んだ!と、しばらくしてプロペラが回りだしました。さらに待っていると、機体が浮かんできて、そのまま頭上を飛び去りました。そして、またしばらくして、もう一機飛び立ちました。真下だったので、プロペラがヘリコプターモードから飛行機モードに転換するところがよく見えませんでしたが、飛び立った時がヘリコプターモードです。飛び去ったときは飛行機モードですので、基地の敷地(敷地の間の道路にいましたが)で転換したようです。このモード転換時に機体が不安定になり、たいへん危険なため、基地上空で転換を行うことになっていますが、沖縄では、すでに守られてません。
 音が思ったより大きくなかったのですが、低い音が響いてきました。
 
普天間では低周波の被害が報告されています
 オスプレイが2012年から配備されている沖縄の普天間飛行場付近では、オスプレイ独特の低周波で、めまいや、頭痛など健康被害が起こっています。「オスプレイの低周波は体全体を震わせるような感じ、他の飛行機の騒音とは違う」とか。オスプレイが飛ぶようになり、牛の死産が増えたこととの関連も疑われています。
 
米軍はオスプレイを横田基地配備を検討
 横田基地に配備すれば、本州に4本、九州、四国に1本づつある山間部の低空飛行訓練ルートを常時使用でき、嘉手納基地にある特殊部隊と組み合わせた訓練などもできるそうです。
 
防衛省も来年度予算でオスプレイを購入予定
日本全国を、福生周辺を、オスプレイが飛び回るようになるかもしれない!
 
 
 
 
当日午後にトモダチ公園で行われた、オスプレイの反対集会に参加しました。
横田基地へのオスプレイ飛来や、危険性について、知らない福生市民もおおかったのではないでしょうか。
たくさんの福生市民の方と、基地問題や、集団的自衛権のことなど考え行動していきたいです。