防災食育センター施設内覧会に参加 

2017年9月25日 16時31分 | カテゴリー: トピックス, 子育て・教育, 食の安全・農業・地産地消

7月23日に福生市防災食育センターの内覧会が開催されました。

9月には、平時は新しい給食センターとして、市内全小中学校の給食をつくります。
稼働開始後は、衛生のため一般の人が調理施設の内部まで入って見学はできません。目近で見学できる唯一の機会ですので、福生ネットメンバーで内覧会に参加しました。

最新の調理設備は、自動化、大量調理が進み、衛生管理が驚くほど徹底していました。

福生ネットがかねてから要望していた、地場野菜の受け入れや、強化磁器食器も採用されました。

9月の新学期には、新しい給食センターの給食が児童生徒に届く予定です!

これからも、福生市の給食をより良いものにしていくために、福生ネットはみなさまの声を集め、市へ提案していきたいと思います。

さ食育防災センターの外壁に福生市のゆるキャラ

施設入り口にて参加メンバーと記念撮影

食材の受け入れ時には、泥付き野菜は分けるなど衛生管理が徹底している

ごはんを容器に

洗米からオートメーションで炊きあがったご飯を容器に入れる。人の手を介さないので衛生的。

食器が入ったワゴン。洗浄なども自動化が進んでいた。

アレルギー対応職は別室で分かれて調理される

おにぎりを自動で作る機械。災害時の炊き出しでは、おにぎりと汁物を提供する。

2階

2階の見学コース、センター稼働後はここから、ガラス越しに調理の様子を見ることがでる。